伊勢湾ナブラ撃ち2

9月後半あたりから伊勢湾のホームテトラ帯ではカタクチイワシやサヨリなどの

小魚が溜まっている状況が続いており、ハマチクラスの青物からサワラ、サゴシ

といった回遊魚がショアから射程圏内に入ってくる頻度が多く、

このエリアに通いだしてから初めて見るような状況になっている。

今釣行も台風通過の影響が出ているのか海況を見ておきたく、夜明け前から

ルアーをキャストしたわけだが、特に濁りが入っているわけでもなく、

また、魚も抜けておらず沢山留まっているのが確認できた。

ただ、狙いのサワラクラスは、はるか沖でたまにジャンプするだけで

射程圏内には入ってこなかった。

ハマチクラスの反応は依然好調。

リリース前提なのでバーブレスにした静ヘッドのワームダートで数本。

元気いっぱいで本当に引きが強い。

足元のテトラに突っ込んでいく様はまるでヒラマサのようだ。

リールをライトショアジギ用のバイオマスターSWに替えておいて正解だった。

Tackle Data

ROD:RAWDEALER R711RSL-S2 The Heaven Raiser AR (whiplash factory)

REEL :10BIOMASTER SW 4000XG (SHIMANO)

LURE : MORETHAN MIDDLE UPPER 4.2 (DAIWA)+静ヘッド16g(OWNER)

撮影機材

CAMERA:LUMIX DC-FT7 (Panasonic)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。