伊勢湾奥にヒラスズキ現る

ここ1か月ほど続いている伊勢湾の青物フィーバーも漁船の大量出動の

影響もあってか魚影は薄くなりつつある気がする。

ホームのテトラ帯でも以前のようなナブラは見られなくなった。

その代わりといっては何なのだが、漁船の網の影響を受けにくい

テトラの際で朝方の暗い時間帯に限り小型のヒラスズキが出るようになった。

こんな伊勢湾の奥でヒラスズキを見るなんて今までなかったので、少し海況

を調べてみると、今年は例年に比べて伊勢湾の表層水温がかなり高いらしく

青物も含めその影響でこんなエリアまで入り込んでいると思われる。

因みに明るくなってくるとマルスズキが出る。

偶然だと思うがヒラとマルの出る時間帯は結構はっきりと分かれており、

なかなか面白い。

さすがにヒラスズキが定着することはないと思うが、外洋に行かなくても

顔が見れるのは嬉しいことだ。

次は伊勢湾ショアで『釣る人は釣っている』大型サワラを何とか仕留めたい。

Tackle Data

ROD:RAWDEALER R711RSL-S2 The Heaven Raiser AR (whiplash factory)

REEL :10BIOMASTER SW 4000XG (SHIMANO)

LURE : TKLM”9/11″ ・FLITZ.24 (TACKLEHOUSE)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。