金沢、ひがし茶屋街へ

ルミックスFT7を携えて週末に金沢へ小旅行に行ってきました。

ひがし茶屋街をメインに散策です。

このエリアは重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、往時の風情が残る街並みが残っています。

とても寒い日でしたが3連休の初日とあって人出は多かったですね。

この重厚な雰囲気の建物は東料亭組合といい、金沢芸妓が伝統芸能の稽古を行っており中から素囃子と呼ばれる演奏が聞こえ茶屋街の華やかさを引き立てていました。

茶屋街の横を流れる浅野川と梅の橋。ウチのワンコもご機嫌で散歩です。

流れの真ん中にカモメが鎮座。ズームでパチリ。若干重さはありますがルミックスFT7は旅カメラとしても充分使えますね。

ランチは海鮮丼で有名な澤ノ屋さんで頂きます。爪楊枝が洒落ています。

のどぐろの炙り丼は残り2つというところでぎりぎり間に合いました(;^ω^)。上品な脂の甘みがたまりません。リピート決定です。

此方は能登満喫丼。

寒ブリ・甘エビ・加能ガニがてんこ盛りで食べ応えがあります。

この日は風が強く、体感温度が低く寒さが半端なかったので長居はできませんでしたが冬の金沢の風情と味覚を味わうことができ満足な小旅行となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。