冬季釣行時のインナーはモンベルのジオラインがオススメ。

冬の釣りはインナー選びが重要

寒風吹きすさぶ中でロッドを振ることになる厳冬期のルアーフィッシングにおいて

ウェアのレイヤリングが大きなポイントになるのはあらゆるメディアで

周知されているとおりですが、その中でも実際に肌に触れるインナーが

自分にマッチしていると感じるか否かで快適度が大きく変わると思います。

私の場合、ユニクロのヒートテックに始まり数種類、機能性インナーと呼ばれるものを

試してきましたが、最終的にモンベルのジオラインハイネックEXPに落ち着きました。

ジオラインの良いところ

冬用インナーとして保温力に優れるというのは当たり前の性能として評価しつつ、このジオライン一択に至ったのは汗冷えを感じることがほぼ無いという事。私の釣行において車横付けポイントというのは皆無であり、必ずフィールドまでの歩行(時には山越えを伴うところも)が発生します。厳寒期の釣行でも釣具を携行して歩行する事による発汗を避けることはできずインナーは濡れてしまう状態になってしまうのですが、ジオラインは速乾性が素晴らしく、フィールドに到着して釣りの準備をしている間にほぼ乾いてしまい、ついさっきまで汗をかきながら歩いていたことを忘れてしまうくらいです。

ジオラインの気になるところ

これといって悪いところはないのですが1点だけ気になるところは、毛玉ができやすい事。これは繊維の構造上やむを得ないところがあるように思いますが、私は磯場での行動時や、藪漕ぎ時に袖まくりをする癖があり、アウターとずれてしまった部分が岩や植物に接触して毛玉だらけになってしまった事があり、以降はジオラインが岩や植物に触れないように気を付けて動くようになりました。洗濯時もネットで他の洗濯物と分別したほうがいいと思います。

最後に

身体の動きを伴うルアーフィッシングにおいて厳冬期といえど発汗することは避けられません。特にフィールドが磯や車止めから距離がある場所では歩行が必ず発生し着用するインナーによっては汗冷えで快適に釣りをすることができなくなる、また風邪を引くリスクも高まります。何かと保温性に目が行きがちな冬用のインナーですが積極的に体を動かすルアーアングラーは速乾性にも着目してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。