伊勢湾ショアブリ捕獲

ショアサワラに続きショアブリも捕獲成功。

実はこのブリを釣る前日もホームテトラ帯へ釣行しており、

シーバス、ツバス、ヒラメがぽつぽつといった所で、

まだしばらくは楽しめるのかな~と思いながら帰路についていた時、

その光景を目撃した。

テトラの際でボコボコッと飛沫が上がったのが見えた。

てっきりボラジャンプかと思いきや偏光サングラスを通して見えたのは、

ブリがボラを追い回し捕食している姿だった。

急いでテトラを降りてキャストを繰り返したものの

彼らが捕食しているのは30㎝クラスのボラ。

10㎝程度のミノーには見向きもしてもらえず、手の打ちようがなかった。

また、ライトショアジギタックルでは掛けても獲ることはできない相手

なのもその大きさから明らかだったので、撤退せざるを得なかった。

で、次にどうするか。

取り回しに少々難はあるが、迷わず磯タックルを選ぶ。

ルアーもマリアのボアーSS195ではっきり餌と認識してくれるはずだ。

あとは掛けて獲るのみ。

帰宅して12時間後、朝マヅメに同じ場所に立つ。

10投もしないうちにガツンときた。

これまでの相手とはレベルが違う強烈な引きと重さだ。

が、今回は磯タックル。ロッドはワイルドブレーカー104HSX。

リールはツインパワーSW8000PG。好き勝手には走らせない。

PGはギア比の設定が絶妙で寄せが非常に楽だ。

テトラ際の攻防をロッドのパワーで制して無事捕獲成功。

ボラをたらふく食っているのだろう。すごい腹回りだ。

1ⅿ、10㎏オーバー。

今年はもういいかなと思うほどの大物。

取り込んでからが大変だった。

テトラ上で暴れまくられ抑えるのに必死(笑)

あまりの重さにドンゴロスを手さげできず肩に担いで車まで

汗だくになって運びました(涙)

ROD:WILDBREAKER WB104HSX (MCworks)

REEL:15TWINPOWER SW 8000PG (Shimano)

LUER:BOAR SS195 (Maria)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。