伊勢神宮 朔日参りに行ってきた。

朔日参りとは

伊勢には昔から毎月朔日(ついたち)に神宮に参拝する「朔日参り」という風習があります。
月の初めにいつもより早起きをして、昨日までを無事に過ごせたことに感謝してお参りするのです。

朔日朝粥と朔日朝市 伊勢内宮前おかげ横丁HPより引用

以前TVで朔日参りの様子を放送していたのを見て、いつか行きたいな~と思っておりました。今回都合よく9月1日が土曜日にあたっていたので金曜の夜中から高速を飛ばして行ってきました。

まずは朔日朝市へ

朝市で食べれるメニュー。どれも美味しそうで迷います。

今回は嫁の好物の鱧を使った雑炊があったのでそちらを目当てにしつつ、食べ歩きを楽しみます。

まずはふくすけさんの朔日うどんを頂きます。
かなりの行列で賑わっています。早めに並んでいて正解でした。
うどんは当然ながら伊勢うどんを使い、サンマの天ぷらに関西風のお出汁でさっぱりしていてとてもおいしかったです。   これで300円!コスパ最高ですね!
コロッケとミンチカツで有名な豚捨さんも夜中なのにこの行列。
天気は雨模様でしたが金曜日ということもあってか、結構な人出だと感じました。
海老丸さんに到着。こちらも結構な行列でした。
清潔感のある落ち着いた佇まいの店内です。
こちらも鱧雑炊にアジの干物・温泉卵・ひじきの煮物・漬物のセットで600円!ちょっと安すぎませんか!?
照明が入ってうまく撮れませんでしたがあおさの風味が鱧の旨味を引き立ててとても美味しかったです。

朝市は食べ物だけでなく伊勢の手ぬぐいや地元野菜・地酒などもありバラエティに富んだ催しになっていました。

もう一つの楽しみは朔日餅

朔日朝市では赤福さんから朔日餅という特別な餅が発売され、こちらも大変な人気となっています。当然、これも買ってみようと思っていました。

朔日餅を手に入れるにはまず、受付番号票をもらいます。その後、列整理券と交換してその番号の順に並ぶ。という手順となります。ちなみに受付番号票は午前3時くらいから配られているようです。

並び始めるとすごい行列になります・・・
並んでいるうちに夜が明けてきます。
橋の上は風がとても気持ち良い。

9月の朔日餅は『萩の餅』。上品なおはぎといった感じ。甘さ控えめで美味しかったです。包装紙も凝ったものを使用していて装いもお上品ですね。

最後に

初めて行った朔日参り。夜中のおかげ横丁の何とも言えない非日常感がクセになりそうです。私が行けるのは土日限定になってしまいますが次に1日が土曜日になるのは12月。師走の始まりはまた凄い人出なんだろうなと思いつつ、あわよくば行ってみようと思っています。次は早朝の伊勢神宮も参ってみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。