夏磯は熱中症に注意が必要

梅雨明けした週末に山越え磯へハタ狙いへ。

夏本番という事である程度予想はしていたが、いざ30分の山越えで地磯へ

たどり着くとそこは予想以上の灼熱地獄だった。

ここまでで結構は発汗だったが更に日が昇ってからの発汗がひどかった。

500mlのペットボトル3本と凍らせた500mlペットボトル1本で何とか

乗り切ったものの、風も無風に近く、サウナの中で釣りをしているような状態。

狙いのハタ族の反応が全く無く、昼前まで粘ったが相手をしてくれたのは

元気いっぱいのシオの群れだけでした。

磯に限ったことではないがこれからの季節、特に僻地釣行での熱中症は本当に

ヤバい事になるので注意が必要だ。

いつも以上の水分を携行し、直射日光を避ける服装、炎天下の中粘らない、

寝不足での釣行を控えるなど、気を付けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。