奥飛騨本流釣行2

GW明けも引き続き奥飛騨の本流域へ大鱒狙い


朝方の薄暗い時間帯にアタックしてきたのは9寸山女魚でした。

その後、私より一段上で釣っていた釣友が大声で叫んでいる。
何事かとよく見るとロッドがひん曲がっているではないか!
急いで傍に行き川を見ると大きな魚がギラリギラリとヒラを打っているのが確認できます。

寄せては走りを繰り返されやっとの事でランディングしたのは
60超のスーパーブラウン。良い面構えです。

本流での初魚はこの魚とは羨ましい限りです。


完全に日が昇りアタリも遠のいたので昼食とします。
大矢知のひやむぎとブラウンを釣った釣友がチーズダッカルビを作っていきます。

【金魚印】ひやむぎ(6束入)

価格:2,484円
(2018/5/13 16:04時点)
感想(57件)

【金魚印】ひやむぎ「ばち」2K

価格:1,566円
(2018/5/13 16:07時点)
感想(334件)




程なくして出来上がり。ペロリと平らげます。

メスティンでご飯を炊いたので〆はチーズダッカリゾットとなりました(笑)

今釣行で見つけた生き物たち

こいつはタニグチコブヤハズカミキリのようです。奥飛騨エリアも生息域なのでしょうか?

林道脇をウロウロしていたアオダイショウ。


午前に続けと期待した昼寝後の夕刻アタックで釣れてくれたのは白点が鮮やかな尺上イワナと放流チビレインボー(写真なし)。

次こそは大鱒を。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。