ランドロックサクラマスを求めて

サクラマスといえば九頭竜川をはじめとする河川本流のターゲットという

イメージが強いがこの季節はダム湖を海代わりとして成長したランドロック

のサクラマスもショアから狙えるターゲットとして興味深い存在。

九頭竜川ほどメジャーではなく、アクセスの道路状況も良くないため

アングラーが少なくゆっくりと楽しむ事ができる日が多い。

そんな山奥のダム湖の釣りは好きなジャンルの一つになっている。

早朝、目覚めの紅茶と朝食のどん兵衛を食べるため、

US-TRAILバーナーで湯を沸かす。

SOTOのST-330が入ってくればメインバーナーの座は譲ることになるが、

長年故障することもなく釣りにキャンプにスキーにとよく働いてくれる

頼りになるヤツです。

この日は午前は風もなくポカポカ陽気で釣りはしやすかったのだが

肝心のお魚さんからの反応が全くなく昼寝をはさんでの午後勝負。

立ち位置を大きく移動し、ミノーをトゥイッチすること1時間。

グインとミノーがひったくられた。

ヘッドシェイクとローリングをいなしてネットに横たわったのは

尺はあるが40には満たない薄っすらとパーマークが残る

ランドロックの山女魚だった。

写真を撮り終わり、ふと釣友のほうを見ると大きくロッドが曲がっている。

良いサイズを掛けたようだ。

模様が分かりにくいが綺麗なイワナ。おまけにサクラマスまでゲットしているではないか。。。

羨ましい。

結局日没着前まで粘るも2度、サクラマスサイズのチェイスがあっただけで

残念ながら掛けるまでには至らずタイムアップ。

釣れたのは山女魚1尾のみだったが魚の活性が上がる条件みたいなもの

が何となくわかったような。。次回の釣りで確認できればと思う。

ROD:RAWDEALER R711RSL-S2 The Heaven Raiser AR (whiplash factory)

REEL : 12LUVIAS2510PE-H (DAIWA)

LURE:SILVER CREEK MINNOW 61S (DAIWA)

CAMERA:LUMIX DC-FT7 (Panasonic)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。