難易度A級の夏磯ヒラマサゲームIN越前海岸

越前の磯で小マサが上がっているようだ。

運動不足の体に夏磯はキツいだろうと思いながらもライトショアジギタックル

を持ち込み磯トレッキングへ行くことに。

相手は神出鬼没・難攻不落。

体を動かす事を9割方の目的として行動開始。

朝方といえどとにかく蒸し暑い。

曇り空で太陽が隠れている事と微風が吹いてくれている事がせめてもの救いだ。

写真では見難いが水たまりには大量にボウフラが沸いている。

こいつらが羽化しだすと釣りどころでは無くなるな。。。

先ずはトップからと定番のダイビングペンシルを引く。

久しぶりに40g以上のルアーをキャストし、膝を入れてロッドを

左右に動かす。ああ、いい運動になるなあ。。。

予想通りだがまるで海からの反応は無い。

続いてメタルジグをぶん投げ、よっこらせとおっさんジャーク。

いや~これもいいカロリー消費になるなあ。

引き抵抗から潮は動いているように感じるがやはり反応は無い。

いい汗をかいてきたところでポツポツと小雨が降ってきた。

今回のレイヤリングはウェットウェーディングで使用している

モンベルのアクアボディロングスリーブジップシャツを着ていたので

小雨程度なら問題なく釣りを継続できる。

因みにパンツはこちら。

キッチリと撥水しています。

これらのウェアのおかげでそれなりに釣りは継続するものの、

いかんせん引き出しが無さ過ぎて魚とのコンタクトは取れずじまい。。。

まあ、でも当初の目的である運動不足の解消は達成できた。

ヒラマサは秋に再度挑戦する事にして、

熱中症になる前にとっとと撤退しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旬の魚を求めるルアーフィッシングの釣行記をメインにタックル及びアウトドア用品のインプレや旅の記録を綴っていきます。